気軽に行える反面、デメリットの多い自宅での自己脱毛。肌トラブルが起こりやすいので避けるのが無難です!

ムダ毛の自己処理のデメリットは、体毛が濃くなる・肌荒れになりやすい・埋没毛になる、などが挙げられるでしょう。手に入りやすく気軽に使ってしまいがちなカミソリは、ムダ毛を剃ったあとに体毛が濃くなる危険性があります。

また、伸びてきた毛がチクチクしてしまいます。カミソリで体毛を剃ると剃り口が角ばって断面が広くなってしまい、毛先が太くなって見えるようになります。

そのため体毛が濃くなったように見えてしまうのです。毛を溶かして処理する除毛クリームならカミソリのように毛先が角ばらないので、ムダ毛が伸びてもチクチクすることは少なくなります。

ですが、カミソリも除毛クリームも肌荒れを引き起こしやすい処理方法です。カミソリは肌に当てて剃る前にどんなにたっぷりとシェービングフォームなどを肌に伸ばしても、剃る時に目には見えない傷を肌につけています。

ムダ毛を剃っているだけでなく、肌の表皮も一緒に剥がしているためです。カミソリでの脱毛は剃っても次の日にはすぐに生えてきてしまうため、自然と処理が頻繁になります。

結果、肌荒れを起こしやすくなります。また除毛クリームは、毛を溶かして処理する薬品の刺激が強く、肌への負担も大きいものです。

そのために赤みやかぶれの原因になりやすく、肌荒れしやすいデメリットは否定できません。また、毛抜きを使ってムリに引き抜くと、毛穴の中や肌が傷ついてしまいます。

その傷がかさぶたになって毛穴に蓋をした状態になり、体毛が伸びようとしても外に出られず皮膚の中で成長してしまうのが埋没毛です。

埋没毛はムダ毛を抜こうとして失敗し、途中で毛が切れてしまった場合にも起こります。皮膚内にムダ毛が留まって外に生えてこないこの埋没毛は、主にカミソリや毛抜きなどでの自己処理を誤って行った場合に起こりやすくなる、最大のデメリットのひとつと言えます。

一旦この状態になってしまうとなかなか治りません。先のとがったものでムリヤリにでも皮膚を破って抜きたくなりますが、さらに埋没毛の悪化を招くことになります。

また、毛抜きが肌に与える刺激は大きく毛穴が炎症を起こしたりするのが原因となって、毛抜きを使っての頻繁な自己処理は色素沈着も起きやすくなったり、黒ずみになる場合もあります。

自宅で気軽に使えるグッズでの自己脱毛は確かに簡単に行えます。ですがトラブルにつながりやすく、起こった後のケアに時間と手間がかかります。

このようにデメリットが大きいため、控えた方が無難です。

メンズ脱毛でおすすめのサロンは?・・・その答えがこの脱毛サロンです!
■メンズ脱毛サロンはAlonso(アロンソ)【男性専用】
■URL:http://mens-datsumo.jp/

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP